編成一覧

 

  情報は2019年4月現在。写真はクリックで拡大表示します。ブラウザーの<戻る>でお戻りください。

  記事中の「F」は「編成(Formation)」を指し、当サイトではその編成の三田・粟生側先頭車の番号で表記しています。
  編成図は左側が三田・粟生側、右側が新開地側。青文字は2扉車。
  < >は運転台部、()は使用停止されている運転台部。
  下線つきの車両は、廃車時点まで非冷房だったものです。

 3両編成

 1000系列
<1103 - 1202 - 1104>

1969年製。1105F,1107Fとともに神戸電鉄最古参の営業車両編成。
パンタグラフが両先頭部にあるのが特徴。
1100系1101F〜1109Fは冷房化の際に、方向幕の電動化や中間貫通扉の設置が行われている。
前面方向幕はローマ字併記。
<1105 - 1203 - 1106>
<1107 - 1204 - 1108>

1108以降の1100系新開地側先頭車は電気連結器付き密着連結器を装備し、増解結運用に対応していた。(現在では撤去)
<1109 - 1205 - 1109>

前面方向幕はローマ字併記。
<1119 - 1210 - 1120>

2000年に1126を組み込み4連化。その際に初めて車両連結部に転落防止幌が取り付けられた(当初は縦長の1枚もの)。
 <1119 - 1210 - 1126)- 1120>
のちに1071号を連結しラッシュ時の5両編成運用に。
 <1071)-<1119 - 1210 - 1126)- 1120>
2009年の5連運用全廃に伴い1071を外しワンマン対応・電動幕化。これにより神鉄車両はすべてワンマン対応となった。
現在では1126を抜き取り3両編成に。
<1151 - 1251 -1152>

1100系の3ドア版。パンタグラフの位置が中央寄りになっている。
2018年5月より、神戸電鉄90周年を記念した「メモリアルトレイン」として、1950-60年代のカラーリングを復元した塗装となった。
<1501 - 1601 -1502>

神鉄で初めて、ワンマン仕様で登場した車両。
前面表示器はローマ字併記。
<1503 - 1602 - 1504>

1000系列の最終編成。
 2000系
<2001 - 2201 - 2002>

従来車からフルモデルチェンジした2000/5000系列の第一号。
当初からワンマン仕様。
<2003 - 2202 - 2004>


<2005 - 2203 - 2006>


 6500系
<6501 - 6601 - 6502>

6000系の3両編成版。2016年登場。
<6503 - 6602 - 6504>


<6505 - 6603 - 6506>


<6507 - 6604 - 6508>
<6509 - 6605 - 6510>

2019年運用開始。
<6511 - 6606 - 6512>

2019年4月現在、神戸電鉄の最新車両。

 4両編成

 1000系列
<1075)-(1113 - 1207 - 1114>

1100系3連の下り先頭側に両運転台の1070形を連結・固定化した4両編成。
現状唯一2ドア車と3ドア車の混在する編成。
<1076)-(1153 - 1252 - 1154>

1150系3連の下り先頭側に両運転台の1070形を連結・固定化した4両編成。
2018年にリニューアルを実施。車内が6000系に準じる内装となり、一部窓の固定化、前面方向幕がローマ字併記に。
<1353 - 1354)-(1355 - 1356>

1353F,1355Fとも、それぞれ1320形を挟んだ4連や増結2連などに使用されたが、最終的にワンマン対応の4両編成に固定化された。

<1357 - 1358)-(1359 - 1360>

2+2の4両編成、さらに1070形を連結した5両編成で使われることが多かったが、最終的にワンマン対応の4両編成に固定化された。
ローマ字併記の前面方向幕が1000系列で初めて採用された。
2018年7月より、神戸電鉄90周年を記念した「メモリアルトレイン」として、1990年頃までのカラーリングを復元した塗装となった。
<1361 - 1362)-(1351 - 1352>

1351Fは1350形では唯一乗務員扉後部にKマークがない。
1351Fは1320形を挟んだ4連として使われたほか、それぞれ増結2連として運用された。
のちに以下のとおり4両ワンマン固定化。
 <1361 - 1362)-(1309 -1310>
 <1371 - 1372)-(1351 -1352>
2015年以降現在の編成に組み替え。相方の1309F,1371Fは廃車。
<1373 - 1374)-(1375 - 1376>

1300/1350形に挟んで4両編成を構成するための中間車1320形を先頭車化。
 1324 - 1323 → <1373 - 1374>
 1326 - 1325 → <1375 - 1376>

2005年に現在の編成に固定化、ワンマン対応化。
 3000系
<3005 - 3106 - 3105 - 3006>

現存する最も古い3000系(1975年製)。
3006のみ前面が白く塗られている。
<3007 - 3108 - 3107 - 3008>

この編成から尾灯がくぼんだ形状になっている。
<3009 - 3110 - 3109 - 3010>

<3011 - 3112 - 3111 - 3012>
<3013 - 3114 - 3113 - 3014>

この編成から乗務員扉後方にKマークがつき、側面表示器が種別と行き先の2窓になった。
<3015 - 3116 - 3115 - 3016>


<3017 - 3118 - 3117 - 3018>

3000系最終編成。
 2000系
<2007 - 2104 - 2204 - 2008>

先に登場した2000系を4両編成としたもの。当初はワンマン仕様ではなく、全線ワンマン化に合わせて2004年に対応化された。
<2009 - 2105 - 2205 - 2010>

 5000系
<5001 - 5102 - 5101 - 5002>

2000系4連をベースにVVVFインバーター制御を採用。
全線ワンマン化に合わせてワンマン対応化された。
5000系第一編成は両先頭車にラッピングを施した「HAPPY TRAIN☆」として運行。
<5003 - 5104 - 5103 - 5004>

<5005 - 5106 - 5105 - 5006>

<5007 - 5108 - 5107 - 5008>

<5009 - 5110 - 5109 - 5010>

<5011 - 5112 - 5111 - 5012>

<5013 - 5114 - 5113 - 5014>

<5015 - 5116 - 5115 - 5016>

<5017 - 5118 - 5117 - 5018>

<5019 - 5120 - 5119 - 5020>

5000系最終編成。
この後10年間、6000系デビューまで新車の投入はなかった。
 6000系
<6001 -6102 - 6101 - 6002>

2008年に登場した新型車両。初のステンレス車。
当初からワンマン対応。
<6003 - 6104 - 6103 - 6004>

2010年登場。現状4両編成の最新車両。
「しんちゃん&てつくんミュージアムトレイン」として運行。

 引退車両(2000年以降)

 1000系列
<1115 - 1208 - 1116>

2000年に1125を組み込み4連化。
 <1115 -(1125 - 1208 - 1116>
一時期1060を連結して5両編成運用に就いた。
 <1115 -(1125 - 1208 - 1116>- 1060>
2009年までワンマン非対応、手動幕だった。
その後1125を抜き取り3両編成に戻る。2019年廃車。
<1121 - 1211 - 1122>

2005年に1124を組み込み4連化。その際にワンマン対応・電動幕化。
 <1121 - 1211 - 1124)- 1122>
その後1124を抜き取り3両編成に。2018年引退、19年廃車。
<1101 - 1201 - 1102>

1969年登場の1100系トップナンバー。神鉄で初めて3両編成としてデビューした編成だった。
2017年廃車。元1101号車は窓などを塞がれ「移動倉庫」として使用されている模様。
<1074)-(1111 - 1206 - 1112>

1100系1111Fに1070形1074を連結。2003年に4両固定・ワンマン対応化。
2ドア車と3ドア車の混在する編成だった。2016年廃車。
(1309 - 1310>

増結2連や、4両編成の一部として使用されていた1300形。5編成あったうち1309Fのみ冷房化されて長年活躍を続けた。
2004年に以下の編成に固定化、ワンマン対応化。
 <1361 - 1362)-(1309 -1310>
2015年に廃車、これをもって1300形は全廃された。
1361-1362は下記1351-1352と固定化。
<1371 - 1372)

1300/1350形に挟んで4両編成を構成するための中間車1320形を先頭車化。
 1322 - 1321 → <1371 - 1372>
2003年に以下の編成に固定化、ワンマン対応化。
 <1371 - 1372)-(1351 -1352>
2015年廃車。1351-1352は上記1361-1362と固定化。
<1117 - 1209 - 1118>

ワンマン対応されることなく細字幕のまま、最終的には下記の1072-1062と組んで、ラッシュ時の粟生線志染以東限定の5両編成運用に就いた。
 <1117 - 1209 - 1118>-<1072)- 1062>
2009年の5両編成廃止・全列車ワンマン化で運用を失い、2011年廃車。
1117号はカコテクノス小野工場にて展示保存。後に旧塗装に塗り替えられている。
<1072)- 1062>

1070形と1050形を固定化し、増結2両編成として使用された。最終的には上記1117Fと組んで5両編成運用に。最後まで非冷房、手動幕だった。
1062の前面表示器は写真の通り、行き先が白黒反転させた細字幕、種別が電動タイプと同じ太字幕という変わり種だった。
2009年の5両編成廃止で運用を失い、2010年廃車。
<1073)- 1064>

1070形と1050形を固定化し、増結2両編成として使用された。最後まで非冷房、手動幕だった。
2010年までに廃車。
<1071)

1050形1060と固定化し、増結2両編成として使用された。
 <1071)- 1060>
最終的には1060と分離し1119F4連と組んで5両編成運用に。
 <1071)-<1119 - 1210 - 1126)- 1120>
最後まで非冷房、手動幕だった。
2009年の5両編成廃止で運用を失い、2010年廃車。
 1060>

1070形1071と固定化し、増結2両編成として使用された。
 <1071)- 1060>
最終的には1071と分離し1115F4連と組んで5両編成運用に。
 <1115 -(1125 - 1208 - 1116>- 1060>
最後まで非冷房、手動幕だった。2008年廃車。
<1123 - 1212 - 1124>

1212は800系864を中間付随車化したもの。
2005年に1124は1121Fに組み込まれワンマン対応・電動幕化。他の2両は後に廃車。
 <1121 - 1211 - 1124)- 1122>
1124も2013年に1121Fから抜き取られ廃車。
<1125 - 1213 - 1126>

1100系最終編成。1213は800系865を中間付随車化したもの。
2000年に編成を解体し、以下の編成に組み込んで4連化。1213は廃車。
 <1115 -(1125 - 1208 - 1116>
 <1119 - 1210 - 1126)- 1120>

両車とものちに抜き取られ廃車。
 3000系
<3001 - 3102 - 3101 - 3002>

1973年登場。神鉄初の4両固定編成で、当初から冷房を備えていた。
その第一編成だったが、2014年に同系列で初めて廃車された。
<3003 - 3104 - 3103 - 3004>

3000系第二編成。2018年廃車。

 トップ > 西兵庫の鉄道 > 神戸電鉄 > 車両紹介 > 編成一覧