本項は主に各車両の利用や観察に基づく筆者の所感であり、主観を多分に含んでいます。
  正確さに努めてはいますが、不正確な点に関しての責は負いかねます。

  記載のデータ類は各ページの「○年○月現在」の時点でのもので、必ずしも最新の情報ではありません。

  「在籍」の項のアイコンの意味:
  現役で在籍し、日常的に運用されている会社:
  かつて在籍したが現在運用されていない会社:

 特別編


  •  気動車の最古参として奮闘を続けた気動車。

  •  2002年3月、西の165最後の日々。

  •  本州の西の果てをゆく、最古参電車最後の夏。

  •  44年の歴史に幕。そのラストを追う。

  •  斜陽の寝台・夜行列車の思い出。

  •  急行気動車の晩年に至る活躍を、旅の思い出とともに。

 新幹線電車


  •  新幹線草創期から21世紀まで駆け抜けた。

  •  過渡期の短い天下。

  •  初代「のぞみ」。新幹線高速化へ。

  •  初の300km/h新幹線。独特の円筒型ボディ。

  •  JR東海・西日本共同開発。「レールスター」にも。

  •  東海道・山陽・九州新幹線の新たなスタンダード。

  •  和をコンセプトとした九州新幹線車両。

 特急形電車


  •  寝台列車復権をかけた「サンライズエクスプレス」。

  •  国鉄特急車両の完成形。

  •  昔は昼夜駆け抜けた両用電車。

  •  「ハイパーサルーン」。JR初の新型特急車。

 急行形電車


  •  ファンに人気の電車も、惜しまれつつ全廃。

  •  交直流の急行形電車。

 近郊形電車


  •  めっきり影の薄くなった中距離のスタンダード。

  •  甲信越・中国地方などで広く活躍。

  •  もと「新快速」用高級電車も格下げされて地方へ。

  •  荷物電車改造の単行。地方路線のワンマン運転に。

  •  JR西日本の地方ワンマン用新型電車。

  •  近畿圏でのJRの地位を確立した、元「新快速」電車。

  •  関空快速・新快速用。最高130km/h運転。

  • 東海新快速用電車として登場。

  • 新快速から地方ワンマンまで、東海エリアを幅広く網羅。

  • 交直流の一般的な近郊形電車。常磐線・北九州などに。

  • 寝台電車からの改造、異様な姿の近郊電車。

 通勤形電車


  • 標準型通勤車として一世を風靡。数の多かった電車。

  • 103系の地方路線版。乗り心地悪し。

  • 国鉄末期の省エネ通勤電車。

  • JR西日本通勤車の一大勢力。

  • 東日本地方ローカルの低コスト電車。

 気動車


  • 最も広く、数多く走る一般型気動車。

  • 一時代を築いた急行気動車。

  • JR東日本の軽快気動車。

  • JR西日本の合理化軽快気動車。

  • 地方幹線で活躍した特急気動車。

車両の分類は便宜上のもので、厳密な車両形式とは異なる場合があります。

 トップ > 車両所感